2005年6月 9日

今がベストな切り替えタイミング?

XO: 例のインテルの話2

とにかく,一番先に思いつくけど一番先に選択肢から外しちゃうよな。

あるいは「どう考えても,PowerPCの命令セットを理解しないプロセッサを今から投入するってのはあり得ない。MacOS Xになるときに投入するならともかく」

って書いたものの。

よくよく考えると,今がベスト切り替えタイミングなのかも。

切り替えが正式に発表された今だからこそ言えることではあるけど,MNeXTを採用する,って決めた時点で,PowerPCを継続するよりIntelチップを採用しちゃおっかって動きのほうが実は強かったんじゃないんかなと。ファーストバージョンからIntel版が動いていたというよりは,PowerPC版よりIntel版の方が先に動いていた,あるいはIntelマシン上で開発していた,などという可能性もあるわけで。

そんでもって今なら,ある程度の製品がサポート対象からClassicを切ってて,また,そうでない両対応しているやつもBundle形式を使ってClassicとMacOS Xで違うバイナリを使ってるし,確かにワタシみたいにClassic環境なんか間違えてクリックしちゃったときぐらいしか起動しないって人が大半になった今。
2001年よりは2006年のほうがやっぱり切り替えのタイミングとしては適当なんだろね。
2001年に切り替えていたら,逆に今ほどMacOS Xは使われず,MacOS 9.8ぐらいがあって,シェアは落ちまくりで,iPodで稼いだ分をすべてMacの赤字につぎ込んじゃうみたいな状況になってたかも。

しかし,あれだね。昔はMacのほうがハードウェアのサポート期間が長い,つまりSE30でもSystem7が動くってことで,すごいメリットぽかったけど,今は完全にWindowsのほうがハードウェアのサポート期間が長いね。

投稿者 kabeya : 2005年6月 9日 02:13